津軽焼

tsugaruyaki

現在の津軽焼は、1936年に再興したもので、主として大鰐町で産出される土の味を生かした、天目釉やりんごの木灰を原料とするりんご釉などが、素朴な色合いを作り出しています。