萬古焼 藍窯堀内製陶所

三重県菰野町にある、御在所岳のふもとの町で、「ふつうのこと」を大切に小さく長く陶業を営んでおられる萬古焼の窯元「藍窯 堀内製陶所」。 木綿を代表する色であり、やきものの彩料を代表する呉須の色でもある『藍』の字を使った窯名には、そんな木綿の感覚を日常の器に取り入れたいと言う願いがこめられています。 新しい感覚を盛り込みながら、伝統に根ざした基本だけは見失わない製品作りを目指されています。