ガラス作家 佐々木翔子

新潟県出身の佐々木翔子さん。武蔵野美術大学大学院・造形研究科工芸工業デザインコースガラス専攻を卒業後、現在は京都で制作をされています。
色のついた板ガラスをカットし、電気炉で焼成するフュージンクという特殊な技法にて器を製作しています。また、色や配色にこだわって一枚一枚丁寧に手作業で作られています。
爽やかに咲き誇る、繊細で可憐な花びらに思わずうっとりと眺めてしまいそうなガラスの器で華やかな食卓をお楽しみいただけます。

申し訳ありません、このコレクションには現在商品がありません