有田焼

aritayaki

有田焼とは、佐賀県有田町周辺で生産される磁器のことです。江戸時代、有田で焼かれた磁器は、伊万里の港から輸出されていたため、伊万里焼という名で普及しました。その後、明治時代以降になると、有田で作られた磁器は生産地の名前をとって、有田焼と呼ばれるようになります。骨董品などで耳にすることのある、古い伊万里という意味の古伊万里は、江戸時代につくられた有田焼を指します。現在では、かつて藩の献上品のうつわを焼くための窯である御用窯があった伊万里市の大川内山で作られるものを伊万里焼といいます。