京焼・清水焼 陶あん

京焼・清水焼窯元・陶あんは、京都のなかでも最大規模の窯元で、大正11年、京都の東山泉涌寺で創業して以来、上質の原材料を使い、熟練した職人の手で作品を作り続けています。華やかで独創的な作品を生み出し、現代の生活に潤いを与える器を創りだすだめ、特に草花をモチーフにした作品を多く手がけています。