【WEB個展情報】作家 宮木英至さん 10/1(土)正午から

大人の焼き物編集部が投稿しました

【WEB個展会期】
2022/10/1(土)正午~10/21(金)正午まで

【作り手紹介】
岐阜県多治見市に工房を構える作家「宮木英至」さんは、型を使った鋳込みという技法で作陶されています。
主に量産する際に分業で行われることが多い技法ですが、すべての行程をご自身の工房で行うことで、新しい表現や可能性を追求されています。
特に、デニム生地のような深みのあるインディゴと、晴れた空のような明るいナイルブルーの作品は、多くのファンを魅了しています。

2003 土岐市内製陶所にて勤務
2004 多治見市にて開窯
2005 国際陶磁器フェスティバル美濃 入選
2008 ニューヨーク近代美術館MoMA SHOP 出品
個展、グループ展などに参加

もっと見る →

【新入荷情報】作家「森田みほ」さんの作品が届きました

山口美子が投稿しました

東京に工房を構える陶芸作家「森田みほ」さん。淡いパステルカラーのデザインが特徴的で、食卓がパッと明るくなるうつわを作られています。
目で見て、手に取って、使って楽しめる日々の食卓を明るくなるような器を作っていきたい。という思いで作陶されています。


もっと見る →

【新入荷情報】作家「大原拓也」さんの作品が届きました

山口美子が投稿しました

滋賀県信楽の工房で作陶されている「大原拓也」さん。モダンシンプルな中にも信楽の土の風合いを残した温かみのある作品を作り続けておられます。
多くの作品の中でも、おしゃれな雰囲気でバリエーションに飛んだマットな色合いのうつわはひと際目を引きます。
その色合いは決して他のうつわの邪魔をしない、バランスよく使い勝手の良いうつわです。

もっと見る →

【WEB個展情報】「作家 宮田竜司」 WEB個展 2022/9/17(土)正午から開催

山口美子が投稿しました

【WEB個展会期】
2022/9/17(土)正午から

【作り手紹介】
栃木県の益子町で作陶されている、益子焼の人気作家「宮田竜司」さん。
作品によって陶器、磁器と使い分けられており、陶器は素地、釉薬ともに益子焼の伝統に沿ったものを使用されています。
料理が主役、料理の衣となるべく、盛りやすさや使い易さを心掛けられて作陶されております。

1976年 東京生まれ
1999年 高内秀剛に師事
2006年 益子町にて独立築窯
2012年 国展入選以後毎年入選
2015年 栃木県芸術祭奨励賞受賞
2019年 国展奨励賞受賞
もっと見る →

【新入荷情報】「ルリアメ工房」のうつわが届きました

山口美子が投稿しました

福島県に工房を構えるルリアメ工房の作家「酒井薫」さん。
「ルリアメ」は、大好きな瑠璃釉と飴釉からとった名前とのことです。
瑠璃や飴など色彩豊かな作品が特徴で、道具としての用だけでない器、装飾と色彩が料理の優雅なフレームとなるような作風を心がけられています。

もっと見る →
  • 1
  • 2
  • 3
  • 41